【チュートリアル紹介】初級的なジオメトリーノードの使い方動画が公開!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!

今日はSurfaced Studioさんの「Substance Painter Blender WorkflowBlender Geometry Nodes For Absolute Beginners | Part 1/3」を紹介していきます。

チュートリアルのあれこれ
動画時間36:56
Blenderのバージョン3.1.0
主な学習内容ジオメトリーノード
難易度(5点満点)
チャンネル名Surfaced Studio
目次

チュートリアル特徴

「Substance Painter Blender WorkflowBlender Geometry Nodes For Absolute Beginners | Part 1/3」では、ジオメトリーノードの基礎的な使い方を学ぶことができます。

ジオメトリーノードに全く触れたことのない方が、使い方を学ぶにはもってこいの動画になります。

ジオメトリーノードは”ver.3.0”で大幅に進化したので、それ以降のバージョンを使うのがオススメです。

基本的なノードに加えてシェーダーノードでもおなじみの〔数式〕の使い方なんかも出てきます。

最終的にはジオメトリーノードのみで作ったオブジェクトをアニメーション化させます。

ワークフロー

それぞれのSTEPごとに動画の開始時間を区切ってあります。

STEP
イントロ&ジオメトリーノードの下準備
  • ジオメトリーノードモディファイアーの使い方
STEP
各ノード解説
STEP
アニメーション化
  • 〔数式〕の使い方が見どころ

まとめ&Tips

値をフレーム化

〔値をフレーム化〕というのは、フレーム数を値と同期させる方法です。

例えばフレーム数が”1”であれば値が”1”に、フレーム数が”10”であれば値が”10”になります。

下の動画では〔ソリッド化モディファイアー:幅〕をフレーム化させています。

やり方は、同期させたい値に”#frame”と入力します。

動画の様に値の部分が紫になればOKです。

また”#frame”だけではフレーム数がそのまま適用されますが、これ以降に”+””-””/””*”を追加することで値を変更することも可能です。

感想

とりあえずの使い方は理解できましたね。

実用的な使い方となるとまだまだなので、この動画から更に広げていくのがよいと思います。

食べ物や建物なんか作ってみたいですね。

残りのPart.2とPart.3も公開されていたので、ぜひ見てみてください。

今後はジオメトリーノードを使った様々なチュートリアルも取り上げていきたいと思っています!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる